村田ヘッド残留でバッテリーコーチ兼務とは正気の沙汰とは思えません

ジャイアンツの来シーズンのコーチ陣が発表されました。以前から報道されていたとおり、新たなコーチとしてはバッティングコーチにOBの吉村氏が就任しました。これはここ数年の貧打線を見れば当然の交代で、以前の強力打線の復帰を目標にといったところでしょうか。驚きだったのは村田ヘッドの留任とバッテリーコーチの兼務という今シーズン4位の戦犯を更に重用してしまうという荒業に出てきました。果たしてこの人事にどんな思惑があるのかは皆目見当がつきません。ネット上のコメントでは早くも非難殺到となっていますが、もはや来シーズンは捨てましたと宣言したのではないかとも取れる人事です。ヘッドコーチに適任な人、バッテリーコーチに適任な人はOBでもかなりいそうです。川相三軍監督などもできそうですし、高橋監督のやりやすさという点では井端コーチのヘッド就任というのも面白そうです。巨人OBの中でも野球を理論的に一番理解してそうにない人がヘッドコーチでしかもバッテリーコーチ兼任という事で、選手たちもかなり苦労しそうです。ファンとしては来シーズンは勝ち負けは二の次で野球を見なければならないでしょう。アコム 35日ごと