食費さえ払えなくなってきた今、両親に頼ろうとしている彼

夫も私も仕事を失ってから、とうとう今日は食費に使えるお金までなくなってしまっていることに気づきました。生活費は夫に任せていて、「大丈夫」という夫の一言によって安心しきっていた私が間違っていたと反省しています。
生活費が不足してしまった今は、夫が両親に生活費を工面してもらえないか相談すると言っていました。私は彼の両親に会ったことがなく、私からお願いするにも言葉の壁があり、直接お願いすることができません。ただ、彼からお願いするにしても、社会人になってからでさえも親に経済的な支援を受けるというのは、とても申し訳なく感じました。
彼は、日本に来日してからというもの、特に父親には経済的に助けてもらったと言っていました。彼の両親からすれば、社会人にもなって経済的に依存されるとは思っていなかったと思います。私自身、社会人になった後は経済的に自立すべきだと考えていたからです。彼の両親がどんな風に反応するか、不安になってきました。大人になった今でも両親に頼らなくてはいけない状況に、とても情けなく感じています。シースリー 値段