ベンジャミン・フランクリンのことや電気の訳

電気において授業しました。アメリカのベンジャミン・フランクリンは、雷雲が静電気を帯びていると考え雷雲にかけてタコをあげ、タコの糸を伝わってくる雷放電による電気をライデンびん(電気をたくわえられるびん)にたくわえることに成功しました。また、恋人は避雷針を考案しました。雷雲のインナーを上に向かって吹くそよ風(向上気流)を通じて吹き上げられる雲粒(水や細かい氷の粒)といった、重力を通じて落下するあられ(氷の大きな粒)のスレにて静電気が生じあられが−、雲粒が+の電気を帯びます。そうして浮かべられた電気が一瞬のうちに土地などに移動する症状が稲妻だ。静電気を地上やノリ中に流して、雷の損傷を少なくするためにつくられている。導線の条件のメタルには、原子をはなれて自由に動くことのとれる電子(フリー電子)があります。このようなことを授業しましたが知らないこともあったので、さらに電気のポイントに関しまして細かく引っかかるなと思いました。http://www.c-mug.org/

ノンフィクションから書物へ好みが変わりました

わたくし、今まではノンフィクションしか関心がわかず、図書なんて読んだことがないぐらいでしたが、少し前から、ふと読んでみたら図書が面白くてはまってしまいました。なぜノンフィクションしか関心がわかなかったかというとファクトだからだ。図書はただの俗説だから、これ程世何億者もいるのに、そのたった一人が作った俗説を掴むというのが断じて関心がわかなかったのです。でも今は図書の面白さを知って、長々嬉しいのを探して読んでいます。わたくしにとっての図書の良さは、おやそういった思考もあるのかとか、おやみんなおんなじイベント考えているんだなあという心持ちになれたりするからだ。友だちがいないので、みんなどういうことを考えて感じているのか思い付かから図書でそういったことを賛同したり色んな思考を学んでいる感じです。書物の決め方は下半数の帯に書かれた全体を読んで選択しています。サラリーマンをポリシーにしたものが何とか好きですね。おんなじ大衆というため。http://www.bristolnightlife.co