2020年代都内五輪・パラリンピック確実かなぁ。

またしても2020ご時世都内オリパラにマイナスが発生しました。招致委員会から用紙カンパニーに噂される会社へ2億円以上の払込があったとか。
勿論私も五輪誘致は何しろ各地との試合ですから一定のお金がかかるのは理解します。マイナスは、払込されたお金が都内で五輪を開催することの意図や恩恵、本質位をナショナリズムやインターナショナル五輪委員会にPRするために使われたのか、それとも、そのまま開始箇所を司る選挙の買い付けに使われたのかそれだけなんですよね。
いずれ実質が明らかになるのか、うやむやに締め括るのかはわかりませんが、最も残念です。
あれだけ日本中のクライアントが都内開始を喜んだのに、多くの邦人が「歓迎」という全国場合しさを再確認することが出来たのに。
エンブレム盗用疑問からはじまり、核心スタジアムの進歩、舛添都知事の公私混同疑問、そして今回の話題とよくもずっとマイナスが起きるものです。更に心が痛むのは、都内オリパラ参加に向けて日夜一所懸命頑張っている中学校や高校などの若いスポーツマンたちが、これらのマイナスをどうして思っているのかだ。
とりわけ、欲を追っ掛けているういういしいプレーヤー、そしてリオオリ・パラに参加するスポーツマンたちも含めて、余計な響きに惑わされず自分の理想を尽くしてほしいと思います。ミュゼ 腕